きゃらめるしっぽ

愛猫しっぽ♀(2010年9月保護)と空♂(2012年10月保護)との日常をゆるゆると・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 先代猫ゼリーTOP先代猫 ≫ 先代猫ゼリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

先代猫ゼリー

先代猫ゼリーは2008年11月23日19歳で虹の橋を渡って行きました。

私にとってゼリーとの別れは初めての大事な家族との別れでした。

兄が知り合いから貰ってきたと、突然我が家に小さな小さな真っ白な仔猫がやってきました。

右目がブルー、左目がイエローのオッドアイの白猫でした。

小さな頃からとてもやんちゃで気性が激しいの女の子でした。

ゼリーが11歳の頃、私が結婚して11年暮らした土地から今の新しい土地へ引っ越す事になり、

もちろん、ゼリーも一緒に連れて来ました。



猫は家につくと言いますが、ゼリーにとって引越しはかなりのストレスだったようで、

知らないうちに、お腹の毛を激しく舐め舐めしていたのか?お腹の毛がなくなってしまいました。

左耳の先も変形してしまいました・・・。すべてストレスだと病院で言われました・・・。

ゼリー③

もうお腹の毛がなくなりはじめています


ゼリー④

左の耳が変形してしまいました




18歳頃に食欲が無くなり、水ばかり飲むようになり、水っぽいオシッコをするようになったので慌てて

病院に連れて行き、その時の血液検査の結果で腎臓機能がかなり弱っていると診断され


それから数ヶ月、皮下輸液の点滴に病院に通いました。




突然その時はやってきました。

ぐったりとして元気がなくなり、水ばかり飲んで、ご飯を食べなくなりました。

シリンジで強制給餌しましたが、もうほとんど食べなくなりました。

先生から今夜が峠でしょうと言われてしまい、あまりにショックでその場で泣いてしまいました。



泣きながら車で家まで帰り、寒い時期だったので、ホットカーペットの上で寝かせて体温が下がらないよう

ブランケットで包んでずっとそばで添い寝しました。

頻繁にオシッコに行きたがり、ヨタヨタしながら最後まで自力で行こうと頑張っていました。

それから2日間ゼリーは頑張って生きてくれました。

私はまだもしかしたら復活して元気になってくれるかもと思い、何とか食べさせなければと思い、

シリンジでフードを食べさせようと必死でした。生きて欲しい!!ただそれだけでした。






11月23日の朝、ゼリーが少しだけシリンジからご飯を食べ、水もシリンジから飲んでくれたんです!

私はうれしくてうれしくて!きっと元気になるって、その時はそうとしか思えなかった。




それから数時間後に突然ゼリーが苦しみ始めました。今までに見たことのない苦しそうな形相で

苦しそうに息をしはじめ、最後に大きく息をして・・・






ゼリーが動かなくなりました。苦しそうな形相がみるみるかわいいゼリーの顔に戻っていきました。

抱っこした体はまだ温かかった。そしてゼリーから温かいおしっこが私の足に流れました。




だんだん体が固くなり、冷たくなったゼリーを抱っこして、話しかけながら思い出の部屋を

見せてまわりました。


次の日まで、ずっとそばで一緒に過ごしました。何度も何度も撫で撫でして、キスをして、頬ずりして・・・

そして、たくさん泣きました・・・。







最期にゼリーが苦しんだのは私が無理やりご飯を食べさせたからかもしれません。

その事だけが悔やまれて悔やまれて・・・

私は自分を責め、肌はボロボロになり、抜け殻のようになってしまいました。

そして長い間、ペットロスで苦しみました・・・。




こんな悲しい別れがあったので、二度と猫を迎える事はないと心に決めていたのです。




でも時間がゆっくりと、ゆっくりと、私の心を癒してくれました。





そして2年後にしーちゃんと出会いました。

今はとても幸せです。

ゼリーはいつも私のそばにいてくれています。そう信じています。



ゼリー、ずっとずっと大好きだよ
ハート これからもずっとずっと一緒だよハート




スポンサーサイト

Comment

1. 無題
編集
.・゚・(ノд`)゚・.泣いちゃいましたょ~
ストレスはあったかもしれませんが、
ゼリーちゃん最高に幸せだったと思います!
だってしーちゃんママの子だもん!!
しーちゃんとの出会いをくれたのもきっとゼリーちゃんですよ♪ ネッ(*´ 艸`)(´艸 `*)ネッ
これからもずっとしーちゃんとママの事守ってくれるはずですw
お腹もっふもふでカワユイ(*´ェ`*)ポッ
2012年03月07日(Wed) 14:25
3. 無題
編集
(T_T)仕事中にザッと読んで、泣いて、
今また読み直して号泣でし。うぅぅ~
ゼリーちゃん、19年間、幸せだったよ!
ゼリーちゃん繊細な仔だったんだね。
可愛い子だね!
ママに最後まで可愛がられて、寿命をまっとうしたんだよ。
今頃は虹の橋で元気に遊んでるよ。
痛みも苦しみもない満ち足りた世界だよ。
私も昔、FIPで3歳で無くした猫さんがいます。
オス猫ちゃんだったのだけど、気がついた時はもう手遅れだしFIPは恐ろしい病気だし、
最後の闘病生活は辛かったなぁ。腹水や胸水を
毎日のように抜きに行ってたし。
嫌いな病院に何回も連れて行ってごめんね、って、何回も謝ったよ。
最後は可哀相で言葉にできないなぁ。
身体が冷たくならないように
ずっと抱っこしてたよ私。。
最愛のペットを亡くすのは悲しいよね。。
でも、可愛がられて幸せだったよね!
今頃は元気に遊んでるよね。
また会えるかな?
尻尾をピンと立てて私の側に来てくれるかな。
気づいてくれるかな?
なーんてね。涙。涙・・
2012年03月07日(Wed) 20:59
4. Re:無題
編集
>しろねこさんへ

しろねこたんも、悲しいお別れがあったんだね・・・
辛かったね。苦しかったね。

しろねこたんのコメント読んで私も号泣です・・・。゚(。>ω<。)゚。ピー


私はゼリーがいなくなってからしばらくは気づかなかったけど、今はいつも側にいてくれてるってすごく感じるの。
不思議だよね。

しろねこたんの側にもいるよ。
尻尾ピンと立てて側にいるよ。
気づかないわけないよ(●´ー`●)


2012年03月07日(Wed) 21:46
5. 腎不全
編集
我が家にも昨年末に腎不全末期で7歳の若さで虹の橋を渡してしまった子がいました。
体調が悪い?と気付いた時には余命二ヶ月の宣告。信じられないまま一年余り頑張ってくれましたが…。悲しみで無言の生活、他にも親姉妹がいたのに!
シーちゃんに会えて幸せにられて良かったです。辛い気持ちは解るつもりです。
お互いに今いる子を精一杯幸せにしてあげる事がゼリーちゃんへの供養かと…。
我が家も思い出しては泣いてます。
泣きながら、他の子達と暮らして幸せにしてあげようと思っています。
頑張りましょう。
幸せになりましょう。
2012年03月08日(Thu) 09:32
6. Re:腎不全
編集
>mayukkokoさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございました。

mayukkokoさんにも悲しいお別れがあったのですね・・・。
何年経ってもゼリーの最期が頭の中に蘇り、考えただけで、思い出しただけでどこにいても何してても涙が溢れ出てきます。

でも最期を看取ってあげられた事はとても幸せだったと今は思えます。
それに今はそばにいてくれていると感じる事ができます。
きっとゼリーがしーちゃんを私にめぐり会わせてくれたのだと思っています。

ゼリーの分まで、しーちゃんを大事にします!全力で守ります!
一緒に幸せになりましょうね!
2012年03月08日(Thu) 11:15
7. 無題
編集
辛いですね…
なにがストレスだったんだろう。
でもゼリーちゃんはすごく幸せだったと思います。
しーちゃんはゼリーちゃんの生まれ変わりかもしれないですね^^
2012年03月08日(Thu) 16:42
8. Re:無題
編集
>reinaさんへ

コメントありがとう。
ゼリーには引っ越して環境がガラッと変わってしまった事がかなりのストレスだったと思います。
引っ越してしばらくは押入れの中から出てきませんでしたから・・・。

ゼリーは幸せだったって思ってくれてるかな?
何もしてあげられなかったと後悔することばかりだけど、私はとても幸せでした。
しーちゃんはゼリーなのかな?( ´艸`)
2012年03月08日(Thu) 18:44
9. 始めまして
編集
Twitterで見てメールしました
2年前に14才7ヶ月の始めての子を
腎不全で亡くしました

月日が流れると別のかなしみが
一緒にいた子が
呼びかけにも答えず食事もさなく無理矢理
あげていました
新しい子を迎えた方がいいと言われ
その子がスコです
今は元気になり私も普通に
お気持ちがとてもわかります
2012年03月09日(Fri) 00:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。